合筆登記が誰でも簡単にできる!土地合筆登記すいすい申請ファイルにより、登記費用をまるまる得する方法
合筆登記 合筆登記のsitemap 土地合筆登記ファイルのご購入方法 手続及び商品についてのお問合せ
スポンサーリンク
合筆登記の全体像
合筆とは
合筆登記とは
合筆登記するメリット
合筆登記できる条件
合筆登記の申請手順
合筆登記費用の相場
合筆登記申請書書式
合筆登記の必要書類
合筆条件のクリアー方法
合筆と土地家屋調査士
合筆後の地番について
合筆後の地目について
合筆後の地積について
合筆登記申請後について
合筆できない土地,字,地目
合筆できない土地,接続
合筆できない土地,所有権
合筆できない土地,担保
合筆の申請人について
土地の所有者の調べ方
所有者が亡くなっている時
合筆の登録免許税とは
自分でする土地の
合筆登記申請について
合筆前の地目について
合筆登記は自分でできる?
本当に1日でできるの?
合筆にかかる費用
定価4,980円の価値ある?
ファイルのサンプル画像
合筆登記の為の資料
登記事項証明書,土地
土地の登記簿謄本とは
登記簿謄本の取り方
登記簿謄本と登記事項証明
登記済み権利証とは
実印,印鑑登録証明が必要
管轄法務局とは
共同担保目録とは
当サイトご利用方法
サイトマップ
商品詳細説明
お客様の声
ファイルのご購入お申込み
合筆登記に必要な法務局での資料取得の代行コース の お申込み
合筆登記ほぼおまかせサポートコースのお申込み
  合筆の条件をクリアーする方法
合筆登記ができる条件として、
@土地の字が同じであること
A土地の所有者が同じであること
B所有権登記されているか、所有権登記されていないか統一されていること
C現地でも地図でも接している土地であること
D登記上も、現地も、地目が同じであること
以上が合筆の条件となっています。
もし、1つでもクリアーできていないようなら、
クリアーするように改善してから合筆しなければなりません。
Aについては、所有者が一致していなければ、
所有者名義を変更できれば、変更登記をすることで一致させることができます。

ただし、登記されている住所も一致していなければなりません。
例えば、Aの土地は10年前に自分の名前に登記していて、
今年Bの土地を購入したので、1つの土地にしようと考えた場合です。
自分の住所が変わっていなければ良いのですが、
自分の住所が数年前から変わっていれば、
Aの土地とBの土地の登記の自分の住所が違ってくるので、
合筆登記をする前に、Aの土地の住所変更登記をすれば、
Aについてはクリアーできることになります。
スポンサーリンク
Bについては、所有権登記されている土地とされていない土地を合筆したい場合、所有権登記をしていない方を登記すれば、合筆の条件をクリアーできることになります。
最後のDについてですが、地目とは土地の種類のことで、
不動産登記法で宅地、田、畑、山林、雑種地など決まっています。
その土地の登記簿謄本(登記事項証明書)の地目欄を見れば、
登記の地目が何になっているのかがわかります。
その登記簿謄本の登記の地目が一致している土地同士なら合筆ができることになります。
もし、Aの土地の地目が宅地で、Bの土地の地目が雑種地などの宅地以外であれば、合筆ができないことになります。
しかし、現地の地目が一致していれば、地目変更登記をすれば、
合筆の条件をクリアーできることになります。
つまり、Aの土地もBの土地も現地の地目の種類として、宅地と判断できれば、
Bの土地の地目を雑種地から宅地に変更登記をすることで、
どちらの土地も不動産登記法上の宅地と登記がされれば、
合筆の条件をクリアーできるからです。
この地目変更ですが、田や畑、山林などほぼはっきりと地目の種類が現地でもわかるのであれば良いですが、宅地と雑種地の違いについては、どちらにも地目を判断できるという部分があります。
土地全体が貸し駐車場であれば、雑種地と判断できるのですが、
自分が住んでいる建物の敷地に一体として数台の駐車場があったり、
庭として使用している別地番の土地であれば、
建物の敷地と一体として利用という目的のため、
土地の地目はすべて宅地と判断できる場合もあります。
そういった判断が法務局でも通過できれば、
登記の地目を一致させて、合筆登記の条件をクリアーできることになります。
 
スポンサーリンク

誰でも土地の合筆登記が簡単にできて、費用をまるまる得するその方法とは?
〜素人でも土地の合筆登記が簡単にできる方法〜
合筆登記 トップへ
合筆登記 の ページ 内 容 一 覧
合筆登記の全体像
合筆とは合筆登記とは合筆登記するメリット合筆登記できる条件合筆登記の申請手順合筆登記費用の相場
合筆登記申請書書式合筆登記の必要書類合筆の条件をクリアーする方法合筆と土地家屋調査士
合筆後の地番について合筆後の地目について合筆後の地積について合筆登記申請後について
合筆できない土地:字,地目合筆できない土地:接続合筆できない土地:所有権合筆できない土地,担保
合筆の申請人について土地の所有者の調べ方所有者が亡くなっている時合筆の登録免許税とは
自分でする土地の合筆登記申請について
合筆前の地目について合筆登記は自分でできる?本当に1日でできるの?合筆登記にかかる費用
定価4,980円の価値ある?||『土地の合筆登記すいすい申請ファイル』のサンプル画像
合筆登記の為の資料
登記事項証明書とは(土地)土地の登記簿謄本とは不動産登記簿謄本の取り方登記済み権利証と登記識別情報とは
登記簿謄本と登記事項証明合筆には実印,印鑑登録証明が必要管轄法務局とは共同担保目録とは
土地の合筆登記が簡単にできるファイル!『 土地の合筆登記すいすい申請ファイル 』販売中
商品詳細説明商品購入前の注意事項お客様の声ファイルのご購入お申込み
郵便振替によるお支払い方法銀行振込によるお支払い楽天銀行によるお支払い方法プライバシーポリシー
合筆登記の為に必要な法務局での資料取得の代行コース の お申込み合筆登記ほぼおまかせサポートコース の お申込み
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。
合筆登記が自分で簡単にできる!
Copyright (C) 2005 誰でも1日で土地合筆登記申請を行い登記費用をまるまる得する方法 ALLRightsReserved