合筆登記が誰でも簡単にできる!土地合筆登記すいすい申請ファイルにより、登記費用をまるまる得する方法
合筆登記 合筆登記のsitemap 土地合筆登記ファイルのご購入方法 手続及び商品についてのお問合せ
スポンサーリンク
合筆登記の全体像
合筆とは
合筆登記とは
合筆登記するメリット
合筆登記できる条件
合筆登記の申請手順
合筆登記費用の相場
合筆登記申請書書式
合筆登記の必要書類
合筆条件のクリアー方法
合筆と土地家屋調査士
合筆後の地番について
合筆後の地目について
合筆後の地積について
合筆登記申請後について
合筆できない土地,字,地目
合筆できない土地,接続
合筆できない土地,所有権
合筆できない土地,担保
合筆の申請人について
土地の所有者の調べ方
所有者が亡くなっている時
合筆の登録免許税とは
自分でする土地の
合筆登記申請について
合筆前の地目について
合筆登記は自分でできる?
本当に1日でできるの?
合筆にかかる費用
定価4,980円の価値ある?
ファイルのサンプル画像
合筆登記の為の資料
登記事項証明書,土地
土地の登記簿謄本とは
登記簿謄本の取り方
登記簿謄本と登記事項証明
登記済み権利証とは
実印,印鑑登録証明が必要
管轄法務局とは
共同担保目録とは
当サイトご利用方法
サイトマップ
商品詳細説明
お客様の声
ファイルのご購入お申込み
合筆登記に必要な法務局での資料取得の代行コース の お申込み
合筆登記ほぼおまかせサポートコースのお申込み
  登記済み権利証 と 登記識別情報とは
土地を合筆するには、登記済み権利証が必要です。
ただし、所有権の登記がされている土地同士の合筆についてのみ、
この登記済み権利証が必要となっています。
10年前後以上前に土地を購入して所有権移転登記をした場合には、
登記済み権利証というタイトルの書類がお手元にあると思います。
それがここで言う権利証に該当します。
そして、最近土地を購入した場合には、
同じ不動産の権利証なのですが、
タイトルが登記識別情報通知となっている書面が、
不動産1個につき1枚お手元にあると思います。
その登記識別情報も、ここで言う合筆に必要な権利証となります。
最近の権利証と昔の権利証とでは、様式等が異なりますが、
登記済み権利証であって、登記識別情報であっても、
不動産の重要な権利証であることに違いはありません。
土地の合筆登記申請書類を法務局に提出する時には、
合筆前の土地のどれか1筆の権利証も必要となっています。
つまり、合筆前のすべての土地の権利証までは必要ないということです。
ただ注意が必要なのは、合筆しようとしている土地が共有の場合です。
共有とは、ある人が2分の1の持分で、
もう一人の人が残り2分の1といった感じで、
ふたりの持分を合わせて1となる場合です。
この場合には、ある人の2分の1の持分の登記済み権利証だけでは足りません。
残りのもう一人の2分の1の持分の登記済み権利証も、
合わせて合筆書類の提出時に必要になります。
そして、法務局で合筆登記完了後には、
また新しい1筆の土地の登記識別情報をもらえます。
それが、今後の権利証となりますので、管理の重要な書類となります。
スポンサーリンク
権利証については、売買で購入して所有権移転登記をした時だけでなく、
相続による相続登記をした時にも、権利証が発行されます。
現在は、登記済み権利証というものではなくて、
法務局から登記識別情報が発行されます。
その登記識別情報という書面1枚には、
識別番号が英数字で記載されていますが、
その上には目隠しの為のシールが貼られています。
これは、識別情報の記号番号を知られるだけでも、
あまりよくありませんので、シールはいつも貼っておくようにした方が良いです。
また、不動産をいくつか所有している場合には、
登記済み権利証もいくつかあって、どれがどの土地の権利証なのかわからない
ということも多々あることでしょう。
なぜなら、土地の分筆登記などの権利以外の登記をした時にも、
登記済み証という書類として、
土地家屋調査士などから受け取ることが多いことから、
どれが権利証で、どれが登記済み証なのか、
こんがらがるといったこともよくあるからです。
土地家屋調査士や司法書士などの専門がそれらの書類を見れば、
どの書類が合筆に必要な権利証であるのかがすぐにわかりますが、
一般の人でしたら、土地の数が少なければすぐにわかると思いますが、
所有している不動産の数が多い人にとっては、
多少わかりづらいこともあるかもしれません。
スポンサーリンク
誰でも土地の合筆登記が簡単にできて、費用をまるまる得するその方法とは?
〜素人でも土地の合筆登記が簡単にできる方法〜
合筆登記 トップへ
合筆登記 の ページ 内 容 一 覧
合筆登記の全体像
合筆とは合筆登記とは合筆登記するメリット合筆登記できる条件合筆登記の申請手順合筆登記費用の相場
合筆登記申請書書式合筆登記の必要書類合筆の条件をクリアーする方法合筆と土地家屋調査士
合筆後の地番について合筆後の地目について合筆後の地積について合筆登記申請後について
合筆できない土地:字,地目合筆できない土地:接続合筆できない土地:所有権合筆できない土地,担保
合筆の申請人について土地の所有者の調べ方所有者が亡くなっている時合筆の登録免許税とは
自分でする土地の合筆登記申請について
合筆前の地目について合筆登記は自分でできる?本当に1日でできるの?合筆登記にかかる費用
定価4,980円の価値ある?||『土地の合筆登記すいすい申請ファイル』のサンプル画像
合筆登記の為の資料
登記事項証明書とは(土地)土地の登記簿謄本とは不動産登記簿謄本の取り方登記済み権利証と登記識別情報とは
登記簿謄本と登記事項証明合筆には実印,印鑑登録証明が必要管轄法務局とは共同担保目録とは
土地の合筆登記が簡単にできるファイル!『 土地の合筆登記すいすい申請ファイル 』販売中
商品詳細説明商品購入前の注意事項お客様の声ファイルのご購入お申込み
郵便振替によるお支払い方法銀行振込によるお支払い楽天銀行によるお支払い方法プライバシーポリシー
合筆登記の為に必要な法務局での資料取得の代行コース の お申込み合筆登記ほぼおまかせサポートコース の お申込み
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。
合筆登記が自分で簡単にできる!
Copyright (C) 2005 誰でも1日で土地合筆登記申請を行い登記費用をまるまる得する方法 ALLRightsReserved