合筆登記が誰でも簡単にできる!土地合筆登記すいすい申請ファイルにより、登記費用をまるまる得する方法
合筆登記 合筆登記のsitemap 土地合筆登記ファイルのご購入方法 手続及び商品についてのお問合せ
スポンサーリンク
合筆登記の全体像
合筆とは
合筆登記とは
合筆登記するメリット
合筆登記できる条件
合筆登記の申請手順
合筆登記費用の相場
合筆登記申請書書式
合筆登記の必要書類
合筆条件のクリアー方法
合筆と土地家屋調査士
合筆後の地番について
合筆後の地目について
合筆後の地積について
合筆登記申請後について
合筆できない土地,字,地目
合筆できない土地,接続
合筆できない土地,所有権
合筆できない土地,担保
合筆の申請人について
土地の所有者の調べ方
所有者が亡くなっている時
合筆の登録免許税とは
自分でする土地の
合筆登記申請について
合筆前の地目について
合筆登記は自分でできる?
本当に1日でできるの?
合筆にかかる費用
定価4,980円の価値ある?
ファイルのサンプル画像
合筆登記の為の資料
登記事項証明書,土地
土地の登記簿謄本とは
登記簿謄本の取り方
登記簿謄本と登記事項証明
登記済み権利証とは
実印,印鑑登録証明が必要
管轄法務局とは
共同担保目録とは
当サイトご利用方法
サイトマップ
商品詳細説明
お客様の声
ファイルのご購入お申込み
合筆登記に必要な法務局での資料取得の代行コース の お申込み
合筆登記ほぼおまかせサポートコースのお申込み
  合筆後の地番について
合筆する前には土地がいくつかある状態なのですが、
合筆後には土地が1つになります。
2筆の土地を合筆した場合、1筆の土地になります。
6筆の土地を合筆した場合にも、1筆の土地になります。
そして、合筆前には土地がいくつかある分、地番もいくつかあるので、
合筆後には、地番を1つに決めなければなりません。
ただ、合筆後の土地の地番については、
合筆前の土地の内で一番若い地番になるのが原則となっています。
若い地番とは、わかりやすく言えば順の早い地番のことで、
1番、2番、3番の土地なら、1番の土地が一番若い地番ということです。
たとえば、A市B町1番の土地と、A市B町2番の土地を合筆した場合、
合筆後の地番については、A市B町1番の土地となります。
また、A市B町3番の土地と、A市B町6番の土地と、
A市B町9番の土地と、A市B町12番の土地と、
A市B町15番の土地と、A市B町19番の土地の6筆を合筆した場合、
合筆後の地番については、A市B町3番の土地となります。
どうしても、一番若い地番が合筆後の地番になっては困るという、
特別な事情があれば、その事情を考慮されて、
一番若い地番以外の希望の地番を合筆後の地番として申請することもできます。
たとえば、現場では四角の土地で、
地番としては上記のような6筆となっていた場合に、
住所としてA市B町12番を使用していたような時に、
合筆後の地番が原則通り一番若い地番のA市B町3番の土地になってしまうと、
いろいろと都合が悪くなってしまいます。
そのような時には、その事情を考慮されて、
合筆後の地番を住所に該当するA市B町12番にすることができることがあるのです。
ただし、あくまで、合筆後の登記地番の最終的な判断は登記官が行いますので、
認められないこともあります。
スポンサーリンク
土地家屋調査士に合筆登記申請を依頼した場合には、
気が付く土地家屋調査士であれば、合筆後の地番について確認はしてきます。
ただ、確認しない土地家屋調査士も、時と場合によってはありえますので、
もし、合筆後の地番について特別な事情があるときには、
そのことを伝えておくことが良いでしょう。
合筆登記が完了してからでは遅いからです。
合筆後の地番について希望地番を伝えておけば、
可能なようなら、土地家屋調査士が代理申請するときの調査書に、
そのことについて調査士が記載して、後は法務局の登記官の判断となります。
もちろん希望地番は、合筆前の地番のどれか1つの地番になります。
合筆前のいくつかの土地以外の地番ではいけません。
自分で合筆登記を申請する場合には、
合筆登記申請書の合筆後の地番を希望の地番にしておき、
申請書の余白などに、一番若い地番ではどうしても困る特別な理由を記載して申請する方法もあります。
ただし、土地家屋調査士が代理申請する時と同じように、
合筆前の一番若い地番以外の地番を、
合筆後の地番にすることは原則認められていないので、
後は、登記官の判断次第となります。
もし、合筆後の地番について認められない場合には、
合筆登記申請の取り下げの申請手続きを行う流れとなってしまい、
かなり手間がかかることになってしまうこともあります。
スポンサーリンク
誰でも土地の合筆登記が簡単にできて、費用をまるまる得するその方法とは?
〜素人でも土地の合筆登記が簡単にできる方法〜
合筆登記 トップへ
合筆登記 の ページ 内 容 一 覧
合筆登記の全体像
合筆とは合筆登記とは合筆登記するメリット合筆登記できる条件合筆登記の申請手順合筆登記費用の相場
合筆登記申請書書式合筆登記の必要書類合筆の条件をクリアーする方法合筆と土地家屋調査士
合筆後の地番について合筆後の地目について合筆後の地積について合筆登記申請後について
合筆できない土地:字,地目合筆できない土地:接続合筆できない土地:所有権合筆できない土地,担保
合筆の申請人について土地の所有者の調べ方所有者が亡くなっている時合筆の登録免許税とは
自分でする土地の合筆登記申請について
合筆前の地目について合筆登記は自分でできる?本当に1日でできるの?合筆登記にかかる費用
定価4,980円の価値ある?||『土地の合筆登記すいすい申請ファイル』のサンプル画像
合筆登記の為の資料
登記事項証明書とは(土地)土地の登記簿謄本とは不動産登記簿謄本の取り方登記済み権利証と登記識別情報とは
登記簿謄本と登記事項証明合筆には実印,印鑑登録証明が必要管轄法務局とは共同担保目録とは
土地の合筆登記が簡単にできるファイル!『 土地の合筆登記すいすい申請ファイル 』販売中
商品詳細説明商品購入前の注意事項お客様の声ファイルのご購入お申込み
郵便振替によるお支払い方法銀行振込によるお支払い楽天銀行によるお支払い方法プライバシーポリシー
合筆登記の為に必要な法務局での資料取得の代行コース の お申込み合筆登記ほぼおまかせサポートコース の お申込み
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。
合筆登記が自分で簡単にできる!
Copyright (C) 2005 誰でも1日で土地合筆登記申請を行い登記費用をまるまる得する方法 ALLRightsReserved