合筆登記が誰でも簡単にできる!土地合筆登記すいすい申請ファイルにより、登記費用をまるまる得する方法
合筆登記 合筆登記のsitemap 土地合筆登記ファイルのご購入方法 手続及び商品についてのお問合せ
スポンサーリンク
合筆登記の全体像
合筆とは
合筆登記とは
合筆登記するメリット
合筆登記できる条件
合筆登記の申請手順
合筆登記費用の相場
合筆登記申請書書式
合筆登記の必要書類
合筆条件のクリアー方法
合筆と土地家屋調査士
合筆後の地番について
合筆後の地目について
合筆後の地積について
合筆登記申請後について
合筆できない土地,字,地目
合筆できない土地,接続
合筆できない土地,所有権
合筆できない土地,担保
合筆の申請人について
土地の所有者の調べ方
所有者が亡くなっている時
合筆の登録免許税とは
自分でする土地の
合筆登記申請について
合筆前の地目について
合筆登記は自分でできる?
本当に1日でできるの?
合筆にかかる費用
定価4,980円の価値ある?
ファイルのサンプル画像
合筆登記の為の資料
登記事項証明書,土地
土地の登記簿謄本とは
登記簿謄本の取り方
登記簿謄本と登記事項証明
登記済み権利証とは
実印,印鑑登録証明が必要
管轄法務局とは
共同担保目録とは
当サイトご利用方法
サイトマップ
商品詳細説明
お客様の声
ファイルのご購入お申込み
合筆登記に必要な法務局での資料取得の代行コース の お申込み
合筆登記ほぼおまかせサポートコースのお申込み
  合筆できない土地:字と地目
合筆できない土地については、不動産登記法でもいくつか定められています。
ここでは、特に土地の字(あざ)と地目について、
合筆できない土地の具体例を交えて述べます。
合筆前の土地の所在の字(あざ)や地目が異なっている場合には合筆できません。
字(あざ)というのは、普通、○○市□□町字△△1番という感じで、
所在地番として定められているものです。
字(あざ)という言葉は、初めて耳にする人も多いかと思いますが、
正確な土地の所在地番では、普通は字(あざ)の記載があります。
全国の土地は、網の目のように地番で区切られているように、
ある一定数の地番を区域ごとに区切っています。
その区切りが字(あざ)と呼ばれるものです。
区域ごとに区切っているので、字△△には数十の地番が存在したり、
字☆☆には数百の地番が存在したりしています。
そして、合筆前の土地の所在の字(あざ)△△が、互いに異なっていれば、
○○市や□□町の部分も異なっていることになりますので、
合筆ができないということなります。
たとえば、○○市□□町字△△1番の土地と、
○○市□□町字☆☆2番の土地を合筆しようと思っても、
合筆後の土地の所在地番の字(あざ)の定め方に困ってしまいます。
字△△と、字☆☆で異なっているので合筆できないのです。
スポンサーリンク
そして、合筆前の土地の地目が異なっていれば合筆できません。
合筆前の土地が何筆あったとしても、すべて同じ地目でなければなりません。
合筆前の土地の地目が宅地と、地目が田では、
合筆後の地目の定め方に困ってしまうからです。
なお、この地目についてですが、登記上の地目と現地の地目を指しています。
登記上の地目とは、登記事項証明書や登記事項要約書などを取得して調べれば、
その土地の登記されている地目が記載されていますので、その地目のことです。
そして、現地の地目とは、登記上の地目とは違って、
実際に現地における土地の種類のことです。
たとえば、合筆前の土地の内1筆は現地では宅地となっていて、
もう1筆は田んぼであれば、互いに現地の地目の種類が異なっているため、
合筆できないということになります。
つまり、合筆するためには、登記上の地目も、実際の現地における地目も、
すべて同じ土地同士でなければ合筆できないということです。
ただ、登記上の地目が異なっていたとしても、実際の現地の地目が同じであれば、
登記上の地目を現地に合わせる登記をすることで、
合筆登記を行うことができる場合もあります。
現地では地目が宅地と認定されるのに、
たとえば登記上の地目が原野となっていれば、
原野となっている登記上の地目を宅地に変更できれば、
合筆できることもあるからです。
このように、土地の地目を変更する登記のことを、地目変更登記と呼んでいます。
基本的に、田や畑以外(農地以外)の土地であれば、
登記簿上の地目は現地の地目と一致していなければなりませんので、
逆に、地目変更登記申請をして、登記と現地の地目を合わせておかなければならないことになります。
地目が田や畑などの農地については、農地法の届や許可の関係がありますので、
地目変更は農地法の手続きの後になるのが基本となっているからです。
最終的には、合筆登記をするには、字(あざ)や地目について、
地番以外まったく同じ土地同士が合筆できることになります。
スポンサーリンク
誰でも土地の合筆登記が簡単にできて、費用をまるまる得するその方法とは?
〜素人でも土地の合筆登記が簡単にできる方法〜
合筆登記 トップへ
合筆登記 の ページ 内 容 一 覧
合筆登記の全体像
合筆とは合筆登記とは合筆登記するメリット合筆登記できる条件合筆登記の申請手順合筆登記費用の相場
合筆登記申請書書式合筆登記の必要書類合筆の条件をクリアーする方法合筆と土地家屋調査士
合筆後の地番について合筆後の地目について合筆後の地積について合筆登記申請後について
合筆できない土地:字,地目合筆できない土地:接続合筆できない土地:所有権合筆できない土地,担保
合筆の申請人について土地の所有者の調べ方所有者が亡くなっている時合筆の登録免許税とは
自分でする土地の合筆登記申請について
合筆前の地目について合筆登記は自分でできる?本当に1日でできるの?合筆登記にかかる費用
定価4,980円の価値ある?||『土地の合筆登記すいすい申請ファイル』のサンプル画像
合筆登記の為の資料
登記事項証明書とは(土地)土地の登記簿謄本とは不動産登記簿謄本の取り方登記済み権利証と登記識別情報とは
登記簿謄本と登記事項証明合筆には実印,印鑑登録証明が必要管轄法務局とは共同担保目録とは
土地の合筆登記が簡単にできるファイル!『 土地の合筆登記すいすい申請ファイル 』販売中
商品詳細説明商品購入前の注意事項お客様の声ファイルのご購入お申込み
郵便振替によるお支払い方法銀行振込によるお支払い楽天銀行によるお支払い方法プライバシーポリシー
合筆登記の為に必要な法務局での資料取得の代行コース の お申込み合筆登記ほぼおまかせサポートコース の お申込み
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。
合筆登記が自分で簡単にできる!
Copyright (C) 2005 誰でも1日で土地合筆登記申請を行い登記費用をまるまる得する方法 ALLRightsReserved