合筆登記が誰でも簡単にできる!土地合筆登記すいすい申請ファイルにより、登記費用をまるまる得する方法
合筆登記 合筆登記のsitemap 土地合筆登記ファイルのご購入方法 手続及び商品についてのお問合せ
スポンサーリンク
合筆登記の全体像
合筆とは
合筆登記とは
合筆登記するメリット
合筆登記できる条件
合筆登記の申請手順
合筆登記費用の相場
合筆登記申請書書式
合筆登記の必要書類
合筆条件のクリアー方法
合筆と土地家屋調査士
合筆後の地番について
合筆後の地目について
合筆後の地積について
合筆登記申請後について
合筆できない土地,字,地目
合筆できない土地,接続
合筆できない土地,所有権
合筆できない土地,担保
合筆の申請人について
土地の所有者の調べ方
所有者が亡くなっている時
合筆の登録免許税とは
自分でする土地の
合筆登記申請について
合筆前の地目について
合筆登記は自分でできる?
本当に1日でできるの?
合筆にかかる費用
定価4,980円の価値ある?
ファイルのサンプル画像
合筆登記の為の資料
登記事項証明書,土地
土地の登記簿謄本とは
登記簿謄本の取り方
登記簿謄本と登記事項証明
登記済み権利証とは
実印,印鑑登録証明が必要
管轄法務局とは
共同担保目録とは
当サイトご利用方法
サイトマップ
商品詳細説明
お客様の声
ファイルのご購入お申込み
合筆登記に必要な法務局での資料取得の代行コース の お申込み
合筆登記ほぼおまかせサポートコースのお申込み
  実印と印鑑登録証明書が、合筆登記申請には必要です。
合筆登記申請には、所有者本人の実印の押印と、
発行日より3ヶ月以内の印鑑登録証明書1通の提出が必要です。
これは、本人確認と意思確認の意味があるからです。
印鑑登録証明書とは、市町村役所に登録された印鑑の証明のことで、
もし、印鑑登録をしていない場合、この印鑑登録証明書を提出できないことになります。
ご年配の方でしたら、印鑑登録をしている方が多いとは思いますが、
若い人たちは、印鑑登録証明書の必要な場面があまりないことからも、
印鑑登録をしていない人も多いと思います。
印鑑登録をしている印のことを実印と呼びます。
まず、実印を用意してから市町村役所で登録するという流れになっています。
印鑑登録をしていなければ、実印とは呼ばず、
ただの印、認印ということになります。
実印は、大事な契約などの場面で押されるものなので、
押す側もかなり慎重に判断して使用しなければ、
後で大変なことになってしまうこともありえます。
合筆登記申請には、所有権者の印鑑登録証明書1通の提出が必要なのですが、
合筆登記申請書には、その印鑑登録証明書と同じ印である実印を押印しなければなりません。
このことからも、合筆登記を申請しようとする場合には、
普通はすでに実印を持っている方が多いと思いますが、
もし、実印を持っていなければ、所有権者の実印と印鑑登録証明書の用意が必要となります。
スポンサーリンク
実印の印鑑登録については、
文具屋で売っている三文判で印鑑登録をしても良いのですが、
印鑑登録した後のことを考えると、
手彫りの印鑑を作って登録した方が良いと思います。
印鑑証明書が必要な場面というのは、かなり大事な場面が多く、
本人確認や意思の確認にもなりうるものなので、
簡単な印鑑では、複製なども作りやすくなってしまうからです。
印鑑の登録については、自分の住所地の市区町村役所で行います。
持ち物としては、
・ 実印登録する印鑑と、
・ 本人確認のための運転免許証などの身分証明書と、
・ 手数料分
です。
印鑑登録の申請をして、登録が済めば印鑑登録カードをもらえます。
その後は、その印鑑登録カードを持っている人に印鑑証明書は交付されますので、
印鑑登録カードは大事に保管しておく必要があります。
発行された印鑑証明書には、本人の住所と氏名、
印鑑登録された実印の印影、生年月日などが記載されます。
合筆登記申請をする時には、
印鑑証明書の住所の確認もしておいた方が良いでしょう。
合筆登記申請書には、もちろん所有者の住所を記載するのですが、
その住所と、印鑑証明書の住所が異なっていてはいけないからです。
合筆登記でもその他の手続きでも大体同じなのですが、
印鑑登録証明書の使用期限については、
発行日より3ヶ月以内のものとなっていることに注意が必要です。
つまり、発行日より3ヶ月以上経過している印鑑登録証明書では期限切れなので、
再度、印鑑証明書の取得が必要となります。
スポンサーリンク
誰でも土地の合筆登記が簡単にできて、費用をまるまる得するその方法とは?
〜素人でも土地の合筆登記が簡単にできる方法〜
合筆登記 トップへ
合筆登記 の ページ 内 容 一 覧
合筆登記の全体像
合筆とは合筆登記とは合筆登記するメリット合筆登記できる条件合筆登記の申請手順合筆登記費用の相場
合筆登記申請書書式合筆登記の必要書類合筆の条件をクリアーする方法合筆と土地家屋調査士
合筆後の地番について合筆後の地目について合筆後の地積について合筆登記申請後について
合筆できない土地:字,地目合筆できない土地:接続合筆できない土地:所有権合筆できない土地,担保
合筆の申請人について土地の所有者の調べ方所有者が亡くなっている時合筆の登録免許税とは
自分でする土地の合筆登記申請について
合筆前の地目について合筆登記は自分でできる?本当に1日でできるの?合筆登記にかかる費用
定価4,980円の価値ある?||『土地の合筆登記すいすい申請ファイル』のサンプル画像
合筆登記の為の資料
登記事項証明書とは(土地)土地の登記簿謄本とは不動産登記簿謄本の取り方登記済み権利証と登記識別情報とは
登記簿謄本と登記事項証明合筆には実印,印鑑登録証明が必要管轄法務局とは共同担保目録とは
土地の合筆登記が簡単にできるファイル!『 土地の合筆登記すいすい申請ファイル 』販売中
商品詳細説明商品購入前の注意事項お客様の声ファイルのご購入お申込み
郵便振替によるお支払い方法銀行振込によるお支払い楽天銀行によるお支払い方法プライバシーポリシー
合筆登記の為に必要な法務局での資料取得の代行コース の お申込み合筆登記ほぼおまかせサポートコース の お申込み
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。
合筆登記が自分で簡単にできる!
Copyright (C) 2005 誰でも1日で土地合筆登記申請を行い登記費用をまるまる得する方法 ALLRightsReserved